虚兎のpalette

虚兎(うつろうさぎ)が慣れないブログを一生懸命に書きます

うささんぽvol.4ex2(江東区の四神を求めて)

こんにちは。虚兎です。

虚兎は今、一級河川にして、2537mという日本最大の河幅を誇る「荒川」に架かる橋の1つ、船堀橋に来ております。

 

f:id:utsurousagi:20210314182039j:image

 

もくじ☟ 

 

 

 

 

荒川とは埼玉県より流れ出でて、東京湾に注ぐ、流路延長(水源から河口まで)173kmの河の事。

東京湾付近で言うと、江東区江戸川区を分かつ河でもあります。

 

虚兎は江東区にある四神像の南の方角を司る朱雀(すざく)像に会うため、目的地である江東区の最南端「若洲公園」を目指そうとしております。

 

 

 

utsurousagi.com

 

 経路

現在地である船堀橋から荒川に沿ってひたすら南下すれば目的地の若洲公園です。

f:id:utsurousagi:20210314182101p:image

 

 

 

しかし地図では真ん中あたりで道が途切れておりますね。

f:id:utsurousagi:20210306110818j:image

途切れていると言う事はやはり渡れないのでしょうか。

 

 

しかしその部分。河幅は狭いし、意味ありげなでっぱりはあるし…

f:id:utsurousagi:20210314182125j:image

 

なにより荒川をウォーキングする人もそこさえ渡れれば、まっすぐ最南端まで行けるのに、何かもったいない気もします。

 

…本当に渡れないのでしょうか。

 

考えた末、虚兎は確認の為に荒川に沿って終着点まで行ってみる事に。 

 

そこはでっぱりの部分で終わりなのか、それとも地図に乗らないような小さな歩道橋やら水中の通路みたいなもので渡る事ができ、若洲公園まで辿り着けるのか。

 

 

朱雀像のある若洲公園に向けて出発です。

 

 

 

 出発

f:id:utsurousagi:20210304191134j:image

さぁ、現在は船堀橋の上。

ここから東大島側の荒川沿いをまっすぐまっすぐ行けば、少なくともあのでっぱりの部分にまでは着く事ができ、さらにその部分を通過する事ができれば若洲公園に最短で着く事ができるはずです。

 

 

今日も青空で気持ち良いです。

f:id:utsurousagi:20210304191643j:image

少し歩いた所に都営新宿線が見えます。電車が通っていますね。

おーい。虚兎が見えますかー?

 

f:id:utsurousagi:20210304194610j:image

新宿線をくぐり抜け、先に進みましょう。

 

 

f:id:utsurousagi:20210304193016p:image

さらに進むと案内板が。

河口まで3キロ…むむ。長い道のりです。

 

 

 

f:id:utsurousagi:20210304194350p:image

 

 

 

f:id:utsurousagi:20210304194407p:image

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:utsurousagi:20210304194649j:image

さて、右を見れば市街地

 

 

f:id:utsurousagi:20210304194739j:image

左は荒川

 

 

 

f:id:utsurousagi:20210304195058j:image

巨大な水門が見えます。

名前は荒川ロックゲート。

音楽の祭典みたいな名前。

 

 

f:id:utsurousagi:20210304195236j:image

ドラ◯エとかゼ◯ダにありそう。

 

 

f:id:utsurousagi:20210304195807j:image

河に沿って緑色のフェンスが見えます。中はテニスコート

 

 

 

荒川をまっすぐ進みますが、いくつもの道があります。

f:id:utsurousagi:20210304224949j:image

これらは1本の道ではなく、6本の道が河に沿って隣接しており、景色の違いを楽しむ事ができます。

 

しかし、箇所によって増えたり減ったりします。

 

 

f:id:utsurousagi:20210306113221p:image

ふう。結構歩きましたね。

おや?あそこに地図らしき物があります。今どこらへんでしょうか。

 

 

 

f:id:utsurousagi:20210304214925j:image

今日は少し暑いくらいです。えーと、どれどれ。

 

 

 

f:id:utsurousagi:20210304215041j:image

ふむ。

時々こういうのありますよね。

 

 

 

f:id:utsurousagi:20210304215126j:image

 

 

f:id:utsurousagi:20210307100029j:image

こちらが葛西橋(かさいばし)

 

 

f:id:utsurousagi:20210305072639j:image

河口から1キロの表示。かなり近づいてきました。

 

 

 

f:id:utsurousagi:20210305073040j:image

ゴミ捨て場。

 

f:id:utsurousagi:20210305073110j:image

はい。わかりました。

 

 

f:id:utsurousagi:20210305073419j:image

おや?ぽこぽこと大きな石がたくさんあります。一体何でしょう。

 

 

f:id:utsurousagi:20210305073511j:image

これは荒川源流の石です。

なるほど。よくわかりました。

 

 

f:id:utsurousagi:20210305110334j:image

東京メトロ東西線が見えてきました。

見えづらいですが、そのすぐとなり(写真で言うと奥)に清砂大橋という橋が平行して通っております。

 

あと少しです。がんばりましょう。

 

 

f:id:utsurousagi:20210305115056j:image

東西線&清砂大橋を抜けた所に菜の花が。

少し過ぎてから振り返っての1枚。

 

虚兎も近くで写真を撮りたい所ですが、所詮は旅の兎。みんなと一緒に写真を撮る事はできません。

あきらめましょう。

 

 

f:id:utsurousagi:20210305115449j:image

あっ。離れた所に見つけました。

1輪ですが、とてもキレイです。

 

 

f:id:utsurousagi:20210305115727j:image

途中、道の横の方にベンチを発見。

景色を見ながら少し休憩しましょう。

 

 

 

f:id:utsurousagi:20210305141438p:image

皆様こんにちは。虚兎です。

多少足が短いので、歩くのは大変です。

 

 

 

f:id:utsurousagi:20210314182221j:image

順調に荒川を南下し、恐らく現在はここらへんかと思われます。

 

でっぱりの部分まではあと一息のはず。そこさえ渡れれば目的地の若洲公園は目前です。

 

果たして…。

 

f:id:utsurousagi:20210305211142j:image

とうとう残り0キロ。あと数百メートルと言う事ですね。

 

 

f:id:utsurousagi:20210305211405j:image

f:id:utsurousagi:20210306132018j:image

 

 

 渡れるのか

とうとう問題のでっぱりの部分に到着です。

f:id:utsurousagi:20210314182125j:image

 

 

 

 

 

 

渡れればそのまま

f:id:utsurousagi:20210314182101p:image

 

 

 

渡れなければ大きく迂回

f:id:utsurousagi:20210314183122p:image

 

 

 

 

 

 

DEAD

 

 

 

 

 

OR

 

 

 

 

 

ALIVE

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:utsurousagi:20210305211727j:image

 

 

f:id:utsurousagi:20210305211835j:image

 

 

f:id:utsurousagi:20210305211947j:image

 

 

 

 

そして

 

 

 

 

f:id:utsurousagi:20210305233100j:image

↑荒川ウォーキングコースの最終地点

 

 

 

 

 

 

 

 

残念ながら荒川沿いからでは若洲公園に辿り着く事はできませんでした。

 

 

ロードバイクの人達もぴっちりタイツにおしりを突き出し、引き返していきます。

 

 

これから迂回していれば、おそらく着く頃には夜になってしまうでしょう。

 

 

夕方になり、少し寒くなってきました。

 

 

 

 

また後日、出直す事にしましょう。

 

 

 

 

 虚兎はとぼとぼと、元来た道を引き返して行きました。

 

 

 

 

その横顔を、西日が照らしました。

 

 

 

 

 

つづく

 

 

 

f:id:utsurousagi:20210307100716j:image

帰りにショッピングセンターに寄り、あんぱんとコーヒーを買いました。

 

 

 

お読みいただきありがとうございます。

             presented  by  虚兎

             ©️2020  虚兎