虚兎のpalette

虚兎(うつろうさぎ)は1周年!ありがとうございます☆

あんぱん学

f:id:utsurousagi:20210909215741p:image

こんにちは。虚兎です。

今回は「あんぱん学」について、勉強していきたいと思います。

 

パン社会の第一線で活躍し続ける「あんぱん」

老若男女を問わず愛され続け、今や世界経済をもゆるがす存在にまで成長したあんぱんを学び、その理解を深めていきましょう。

 

もくじ☟ 

 

 

そもそも「あんぱん」って?

あんぱんです。

 

あんぱんの歴史

魅惑の食べ物あんぱんは木村屋創業者 木村安兵衛氏と、次男である木村英三郎氏により1874年(明治7年)に考案されました。

イースト菌の代わりに酒種発酵種を使った和菓子に近い製法により、当時の日本人に親しまれます。

 

1875年(明治8年)4月4日。

向島水戸藩下屋敷に、花見のため来所していた明治天皇に、政治家山岡鉄舟がこれを献上。以来、木村屋のあんぱんは宮内省御用達となります。

 

木村屋の名は瞬く間に全国に知れ渡る事となり、1897年(明治30年)には1日に10万個売れたと言われ、名実共に日本を代表するパン屋として、現在尚その頂点に君臨し続けております。

 

並びに明治天皇に献上された4月4日はあんぱんの日として、日本記念日協会にて登録されています。

 

一度食べて御用達になるとは、よほど気に入られたのでしょうね。

我々日本人にとってあんぱんと言う存在がいかに大きなものかがわかると思います。

 

 

 

あんぱんと諸外国

あんぱんを愛する、いわゆるあんぱニスト」は、

何も日本人だけの事ではありません。

ここでは外国人の方の、あんぱんの評価を見ていきましょう。

 

f:id:utsurousagi:20210903101402j:image

初めてあんぱんを食べた時はおもわずイスから倒れてしまいました。こんなに美味しいものがあるなんて信じられませんよ。

               コンゴ/18歳/男性

 

f:id:utsurousagi:20210903101345j:image

僕はあんぱんが憎いよ。こんなにも僕の心をつかんでしまうんだからね。

今から?もちろんパン屋さ。

           エルサルバドル/56歳/男性

 

 

 

f:id:utsurousagi:20210903101313j:image

それは丸くて…光っていました。私が見ていると、急にものすごいスピードで山の向こうに消えて行ったんです。

知り合いのパン屋は、あんぱんじゃないかって。

           ウズベキスタン/72歳/女性

 

 

このように、国籍を問わず多様な人種があんぱんの魅力に魅せられています。

まさにあんぱんは我々日本人が世界に誇れる食文化と言う事ができるでしょう。

 

あんぱんのなかまたち

一口にあんぱんと言っても中身は様々。ここでは無限に広がるあんぱん達を見て行きましょう。

 

 

STANDARD

餡子(あんこ)とつけば、主に我々が思い浮かべる褐色のダイヤモンド。魅惑のAZUKI達の事です。

  • 日本古来の粒あん
  • なめらかで上品なこし餡
  • 白いんげんや白小豆を使用した白餡
  • 青エンドウを使用したうぐいす餡
  • 根強い人気を誇る黒ゴマ餡

 

AWAKENIN(覚醒)

既存のあんぱんに何かを付け加える事で、その世界は更なる広がりを見せます。

  • 若者に大人気。+ホイップ
  • 奇跡の融合。+マーガリ
  • 上品で優雅な味わい+塩

 

NEW  FACE

とは食べ物の中身のこと。餃子も肉まんも中身はですが、最近では中身があんぱんのイメージからそう遠くない、小豆以外のもの」も、〇〇あんぱんと言うネーミングで販売されております。

  • さつまいも
  • くり
  • かぼちゃ

 

 

もはやあんぱんは我々の生活になくてはならない存在と言う事ができるでしょう。

尚、あずき」以外のあんぱんはあんぱん」と認めるか否かは専門家の間でも意見が分かれ、今尚、慎重な議論がなされております。

 

 

おわりに

いかがでしたか?

 

暖かいオレンジ色の光に誘われ、私達は今日もいつものパン屋に行くでしょう。そしてあの棚にはにこにこと笑顔のあんぱんがあなたを待ってくれています。

 

 

パンの原材料である小麦が栽培されはじめたのは今からおよそ10000年〜15000年前とされ、小麦粉として食べられるようになったのは3000年〜5000年前とされています。

 

一方あんこの原料である小豆は、縄文時代(12000年〜16000年前)の遺跡からも、その跡が発見されたそうです。

 

長きに渡り別々の道を歩んできた両者は時を越え、東の果ての島「日本」で一つとなりました。

 

全ての笑顔。そこにあんぱん。

 

生まれてくれてありがとう。

 

 

 

utsurousagi.com

 

utsurousagi.com

 

utsurousagi.com

 

utsurousagi.com

 

 

 

お読み頂きありがとうございます☆

              presented  by  虚兎

              ©️2020  虚兎